的中率−「占い」は当たるのか?
人間の将来や特性などを予測可能か?

占いに限らず予測が「当たった」と言えるためには、最低

  • いつ
  • どこで
  • 何が起こるか
  • 偶然に当たる確率よりも、かなり高い確率
で示さなくては、意味がありません。 例えば、事故の予想をしたとします。「2月に、日本怪我人の出る
交通事故
が起こる」
いつ=2月
時期が特定されない場合は、(例:いつか日本で交通事故が起こる)予想しても意味がありません。

どこで=日本
場所が特定されない場合は、(例:2月にどこかで交通事故が起こる)予想しても意味がありません。

何が起こる=交通事故が起こる
内容が特定されない情報は、(例:2月に日本で何かが起こる)予想しても意味がありません。

偶然に当たる確率より高く=怪我人の出る
交通事故は頻繁に起こるので、(例:2月に日本で怪我人の出る交通事故が起こる)たとえ100%的中しても意味がありません。

例えば、意味がある予想は「2月東名高速死者10人以上の事故10件以上起こる
のようにはっきりしているものです。

そして、的中率は結果が出たものについては全て検証し、偶然に的中する確率と比較して判断します。

例えば、過去数年分の交通事故の記録と比較します。

★占いは当たるのか?
---- 競馬のレース成績 ----

さて、この条件を満たすにはやや不十分ながら、実際の行動に役立つ的中率を示す「占星学」のデータがあります。
(このデータをもとに損をしても筆者は責任を持ちません(^^;)。)

「毎日の運勢」に当てはまる要素として、競馬騎手のレース当日の天体位置と成績を取り上げます。

この結果をレース予想に生かせば、普段より高い回収率が期待できます。

例として、武豊のホロスコープ(木星と天王星のアスペクト)に対する当日の天体配置を調べます。

仮説・・生まれた時のホロスコープに対し、レース当日に特殊な天体配置がある場合は成績が良い。

調査・・武豊騎手の1988〜90年のレース結果を、当日の天体配置の特徴によって分類し、入着率(出走レース中で5着以内に入ったレースの割合)を比較する。

結果・・特殊な天体位置の日には入着率が高い。

◆入着率
レース数入着数入着率
1988年特殊位置240175.73
     それ以外389211.54
1989年特殊位置219147.67
     それ以外496287.58
1990年特殊位置128 83.64
     それ以外389211.58

TOPページへ
「遊び」と「本物の占い」の見分け方