的中率−占いが当たるとは?

的中率−「占い」は当たるのか?
「遊び」と「本物の占い」。見分け方は?

皆さんは「占い」に対してどのようなイメージをお持ちですか?

ある人は「遊び」感覚で接しているかもしれません。

また、ある人は日々の行動に生活情報として役立てているかもしれません。

「良いことだけ信じて、悪いことは気にしない」と言う意見もありますが、大阪大学の調査では 「占い」を信じる人たちの多くは、かなり生活や行動が左右されています。

このような状況では、「当たる」自信がない場合や、「遊び」で「占い」を提供する場合は「遊び」と表示する必要があるでしょう。

「遊び」なのに「当たる」という言葉を使うと利用者は誤解します。

中には良心的なページもありますが、明らかに「遊び」なのに「当たる」ように思わせて利用者を惑わせるページも多数存在します。

利用者としては「遊び」か「本物の占い」か区別が必要でしょう。皆さんはどう思われますか?

どのような形で「占い」を扱うかは個人の自由ですが、誤解を生む表現に対して批判することも自由です。

当たるように見せかける「遊び」に対して、「遊び」と見抜くことができれば、無駄な情報に惑わされることもなくなります。

「本物の占い」と接することが、「占い」を実生活に役立つ情報として有効に利用するにつながります。

TOPページへ
「占い」は当たるのか?
「遊び」と「本物の占い」の見分け方