- ホロスコープ相性診断 -
part-T
星座で見る恋と結婚の相性
(太陽と月、金星と火星のサインによる親和性)


あなた 1990年 1月 10日 12時 30分  生誕地  139E45  35N39 女性


太 陽 山羊 19°38’ ホロスコープに於いて、 地の星座グループに属する 山羊座に太陽があるあなたは、 が同じ地の星座グループにある方とは生活面で穏やかな相性になります。
とくにお互いの「度(°)数」が「±3°」以内になる方の場合はあなたの人生のとってとても重要な存在になるでしょう。あなたの人生観が相手の方の心に強く訴えかけます。
結婚を意識しているなら日ごろからあなたが大切にしている人生の価値を態度や行動で相手の方に伝え、2人で一緒に歩む決意を示しましょう。きっと共感してくれる筈です。


 月  5°44’ ホロスコープに於いて、 水の星座グループに属する 蟹座にがあるあなたは、 太陽が同じ水の星座グループにある人とは人生観や感情を共有しやすい相性になります。
とくにお互いの「度(°)」の数値が「±3°」以内の場合は重要な相手です。2人のがこの条件に当てはまる場合、恋愛中はあなたの喜びが相手の方の心に強く訴えかけます。日ごろから2人の感動を共有するようにしましょう。きっと一緒に居ることにとても居心地の良さを感じるでしょう.
もし相手の方の太陽がこの条件に該当するなら、相手の方を結婚相手として意識しても良いでしょう。
あなたが女性であれば、とくに相手の方が25才以上になってからの人生観には共感できる部分がとても多いでしょう。あなたに2人で一緒に歩む気持ちがあるなら、相手の方の気持ちを正面から受け入れてみましょう。きっと相手の方は人生の決意を行動で示してくれる筈です。

また活動星座グループにある人に対しては、何かと気になりやすい相性と言えます。でも相手の感情の変化が上手くつかめず気持ちのすれ違いが多いかもしれません。


金 星 水瓶 3°34 ホロスコープに於いて、 風の星座グループに属する 水瓶座に金星があるあなたは、 太陽火星が同じ風の星座グループにある方を意識しやすいでしょう。
とくにお互いの「度°」の数値が「±3°」以内の場合は重要な相手です。あなたは相手の方の価値観や積極的な行動にとても心が躍りセクシーな魅力を感じるでしょう。
また火星不動星座グループにある方に対しては意識過剰になりやすい相性と言えます。ちょっとした行動の変化にもすごく心配になり、つい嫉妬が態度に出てしまうかもしれません。


火 星 射手 16°06 ホロスコープに於いて、 火の星座グループに属する 射手座に火星があるあなたは、 太陽金星が同じ火の星座グループにある方を意識しやすいでしょう。
とくにお互いの「度°」の数値が「±3°」以内の場合は重要な相手です。もしあなたが男性なら相手の金星がより重要です。あなたは相手の方の女性らしさにセクシーな魅力を感じるでしょう。
あなたが女性なら相手の太陽がより重要です。あなたは相手の方の生き方にセクシーな魅力を感じるでしょう。

また金星柔軟星座グループにある方に対しては意識過剰になりやすい相性と言えます。時には相手の嫉妬に疲れを感じてしまうかもしれません。





相手の方 1997年 11月 17日 12時 30分  東経139E45  北緯35N39生まれ
太 陽 24°49
ホロスコープに於いて、 水の星座グループに属する 蠍座に太陽があるこの方には、 太陽や上昇星座が同じ水の星座グループにある人が「★人生の価値を共有しやすい★」パートナーの候補です。
 月  双子 28°17
ホロスコープに於いて、 風の星座グループに属する 双子座に月があるこの方にとって、 月や上昇星座が同じ風の星座グループにある人が「★穏やかな感情を共有しやすい★」パートナーの候補です。
金 星 山羊 11°22
ホロスコープに於いて、 地の星座グループに属する 山羊座に金星があるこの方にとっては、 火星が同じ地の星座グループにある人が「☆穏やかな恋のときめきを生み出してくれる☆」恋人の候補です。
火 星 山羊 5°59
ホロスコープに於いて、 地の星座グループに属する 山羊座に火星があるこの方にとっては、 金星が同じ地の星座グループにある人が「☆穏やかな性愛行動を意識させてくれる☆」恋人の候補です。

◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆
◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆


to home