- 占星学で見るニュース -


赤い色と性的魅力
いま話題になっている赤い色のシャツを着るとモテル!?

米ロチェスター大学などの発表によると、赤い色のシャツを着ると異性にモテル?ということです。
古来,占星術において、赤い色は火星と対応するとされています。また、火星はフィジカル(肉体的)な魅力を表すとされています。

 
参考リンク
この実験結果には生物学的な背景が示唆されています。これは筆者の占星学説を裏付けるする情報の一つと云えます。
赤い服を着れば女性にモテる? 米大学が実験
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1008/04/news074.html
モテたい女性は赤い服を着るべし?
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0810/30/news023.html

古来、占星術によって唱えられている火星の影響力の本質は行動力や闘争心を高める事です。赤い色と性的魅力の対応が科学的に明らかにされたことで、火星の影響力の一端が明らかになりました。
さらに火星の位置と闘争力や行動力との相関は、ゴークランやアイゼンクによる研究が明らかにしています。
(参考:占星学通信講座
(参考:時間宇宙生物学と古の知恵/芸術

古来,占星術では火星は鉄や赤い色と対応するとされてきました。この赤い色に反応するこの働きは進化論的に説明できます。生物学的に言えば、この実験で示された赤い色は酸素を運ぶ血液の色を意味しています。これは鉄分によって生じます。

多くの動物において酸素運搬能力に優れた個体は生存競争において有利であり、繁殖の際にはそれが影響します。ここまで考えることができれば、赤い色に性的魅力を感じる能力の有無が遺伝の選択圧として働くことは容易に想像できます。これが赤い色と性的魅力の関係です。

その上で、ペーパークロマトグラフィの実験による火星と鉄分の関係を考慮すれば、占星術の言い伝えもあながち迷信と片付けられない説得力を持ちます。(2010-8-20)

21世紀も10年が経ち、ようやく占星術の主張の一部が科学的に証明されるようになってきました。
(*注:ただし「連想やこじ付け」が肯定されたのではありません!)




バックナンバー
景気・株価と木星・土星
法の華:福永法源のホロスコープ
反社会的宗教家のホロスコープ
核燃料事故と秋分ホロスコープ
トルコ地震とグランドクロス
東芝サポート問題とボイド時間帯

to home







-