st1

- ホロスコープの見方と解読法(IV) -

ホロスコープ占星術(相性占い)/ホロスコープソフト開発販売/ホロスコープの読み方/今週の占い

- - ホロスコープ解読の実例 -

●1968年8月31日1時10分生まれのH.N.さんの場合●
 では、具体的にホロスコープを見ながら、その特徴を探してみましょう。もう一度、H.Nさんのホロスコープを見てください。H.N.さんは、1968年8月31日1時10分に大阪で生まれました。

 まず、内向的な性質を示すマイナス・サインに7個の天体があります。柔軟な性質を示すミュータブル・サインには、やはり7個の天体があります。地道な性質を示すアース・サインには6個の天体があります。分析的な性質を示すおとめのサインには6個の天体があります。
 また、ホロスコープ上でもっとも重要な、ASC(アセンダント)−DSC(ディセンダント)および、MC(エムシー)−IC(アイシー)の近くに、知性を示す水星、調和を示す金星、独自性を示す天王星があります。さらに、自らの支配サインにあり、強調されている天体は水星です。

 以上の点から、おとめのサインにある水星が主要天体の候補になります。この水星は、金星、天王星、冥王星と近い位置にあり、ひとかたまりのグループを作っています。このグループは、海王星と60度()離れた位置関係(アスペクト)にあります。さらに、この60度()離れて作られたアスペクトに連なって、土星がヨッド()と呼ばれる特殊な位置関係(アスペクト)にあります。

 水星()−金星()−天王星()−冥王星()海王星()土星()の組み合わせについては、全てのアスペクトの意味を総合的に考えます。
この場合の考え方としては、個々のアスペクトを言葉として理解するのではなく、人間の資質として思い描いてください。
キーワード:水星/金星=物覚え、水星/天王星=発想、水星/冥王星=集中、水星/海王星=想像、水星/土星=緻密。

 このホロスコープは、独自性がありバランスの取れた知性を特徴とすることになります。H.N.さんは非常に頭脳的な方です。しかも、堅実で柔軟、分析力、想像力、集中力に優れています。それは特別な分野で職業として、綿密な形で発揮されます。
 他にも、太陽と月のほぼ90度()のアスペクトが表わす、実行の仕方と感じ方の葛藤などが、示されています。

(補足:2007年3月30日追加)
 既に述べたように、具体的な職業適性はどんな時代にどの国のどんな環境で成長したかを確認しない判断はできません。
 実際のH.N.さんは現代日本の一般的な教育環境で成長した男性スポーツ選手ですので、それほど特殊な「天体の癖」は無いものとして考えると、スポーツの中では特に独自な発想が生かせる頭脳的な分野に向くと言えるでしょう。
 さらにスポーツ選手に必要とされるストイックな資質は持っていますが、余りに保守的な環境では能力を生かしにくいと考えられます。
 また一般的にスポーツで特に頭脳的なプレーが必要とされるものとしては、まず球技が上げられますが、その中でも作戦や駆け引きなどの必要なポジションが向いているでしょう。
 ただ内面の葛藤の大きさにより、同じ境遇に長く留まることが難しいところがあるでしょう。

(補足:2007年4月22日追加)
 この解読例の場合、H.N.さんの育った環境を想定する際に必要なことは、ホロスコープの解読技術ではなく「出来事を区切る」社会的な知識です。
 また現在の日本の球技に頭脳的なプレーが要求されることも、職業問題に対する「出来事を区切る」社会的な知識として、占いに携わる人間が身につける必要のあることです。
 さらに日本のスポーツ界での精神論や先輩後輩の上下関係や、成績次第な環境などについても理解すれば、H.N.さんが同じ境遇に長く留まることが難しいという見方が出てきますし、スポーツにストイックな資質が必要とされることも職業に対する「出来事を区切る」社会的な知識です。

有名人でケーススタディへ