ASTRO HEART
- 進行法−未来予知法−の原理(I) -
ホロスコープ占星術(相性占い)/ホロスコープソフト開発販売/ホロスコープの読み方/今週の占い

占星術による未来予知法
トランジット(通過)法
今現在の天体位置と誕生時の天体位置を比較します。どちらかというと日々の細かい変化を予測する場合に使います。

プログレス(進行)法
ある考え(色々ある)の基に天体の位置を計算し、誕生時の天体位置と比較します。どちらかというと人生の節目の出来事を予測する場合に使います。

1日1年法
誕生後の1日を1年と考え天体位置を計算します。MCやASCは生まれた土地を離れない場合にしか使えません。
(MCやASCは論理的に計算不能:筆者の立場)

ソーラーアーク法
誕生後の1日を1年と考え太陽の移動量を計算し、全ての占星点を太陽の移動量だけ進めます。生まれた土地を離れた場合でも使えます。

ここでは、余り議論される事の無い生まれた土地を離れた場合とMCとASCのプログレスについて、質問回答形式で掲載します。

1日1年法による恒星時を使ったMCプロゴレスの計算法
質問
MCのプログレスの値が色々あるようですが、どう計算するのですか?
回答
MCプログレスには何通りかの違う方法があり、代表的なものにはソーラーアーク法や1日1年法などがあります。
これらは違う計算式を使うので出てくる数値も違います。

このうち、日本ではソーラーアーク法や1日1年法が多く使われているようです。
1日1年法は1日を1年と考える天体の進行法と同じ考え方なので良く使われますが、これは生まれたときすぐに生地を移動した場合は使うことが出来ません。
このことは余り議論されていませんが、それは厳密な計算式を使わないからです。

1日1年法は生まれた場所における恒星時の1日後の値を1年後の位置としますから、引越した場合はその後の恒星時が計算できません。
恒星時の計算には便宜的に生まれた場所を使うことは出来ますが、本来それは生まれた場所での進行ですので、移動先に当てはめることは出来ません。
現代のように移動が多い場合は、その影響を受けないソーラーアーク法が適しています。

これは誕生まもない時期に、時差の大きな地域へ短時間で移動した場合の影響として、医学/生物学により明らかにされています。この場合には正常な体内時計の働きを確立できないため、プログレスはもちろんのこと、ホロスコープ全体が正常に機能しません。教科書通りの読み方は通用しませんから、誕生後の出来事を一つ一つ追いかけて、ホロスコープのクセを洗い出すことが必要になります。(2011-8-25追加)

そのような考えを踏まえた上で1日1年法によるMCの計算を見てください。

生年月日19○○年−○月−○日 8:29:00
S.T.=19:35:01
現在年月日2001年9月5日
経過日数9142日
1日1年法25.03日 =9142÷365.2422
(1年=365.2422日)
恒星時の移動量1:38:41 =25.03×236.555
(1日=236.555秒)
誕生時の恒星時19:35:01
恒星時の移動量01:38:41
進行後の恒星時21:13:42
生まれた場所MC水瓶15°58 ASC双子8°29
進行後の恒星時は生まれた場所を固定して計算した値ですから、その値を引越し先での進行後の恒星時と見なす事はできません。(誤差が少ない場合は実用可)
to home